トップ > 私たちの理念 > 直営ホテルを持つ強みとは

直営ホテルを持つ強みとは

直営ホテルだからこそ可能なご満足を提供します。

導入費用の低減

一般の福利厚生商品の場合、メニューの開発や広報誌作成の莫大なコストが契約料金に転嫁されます。
逆に会員制のリゾートホテルの多くは、施設の建設コスト等が契約料金に転嫁されてしまいます。
セラヴィリゾート泉郷の会員制度は、もともとある1,200室の直営リゾートホテルの有効活用を主目的とした制度のため、他の福利厚生商品と較べ導入コストが圧倒的に低く抑えられています。

トップシーズンでもお部屋をきちんと確保

提携施設中心の商品では、提携施設の都合で客室提供数や利用料金が変動しがちで、特にトップシーズンの予約取得は難しくなります。
直営ホテルだからこそ会員数に応じてお約束した客室を確保することが可能です。もちろんトップシーズンでもリーズナブルな会員料金でご利用いただけます。

質の高いサービスの提供

「行ってみたら失敗だった!」こんな声をよく耳にしますが、宿泊施設のサービスレベルはネットや広報誌だけでは判りません。直営ホテルだからこそ、皆様に安心してご利用いただける一定以上の品質とサービスのご提供をお約束します。

魅力的な宿泊プラン

お客様が来ても来なくても、ホテルの運営には一定の固定経費がかかります。
特にリゾートホテルの場合、シティホテルほど客室稼働率は高くはない為、オフシーズンなどは固定費を回収できない場合も多々あります。
固定費を回収できる売上を確保するには、料金設定を低く抑える必要がありますが、一般のホテルの場合「値崩れ」を恐れる為これができません。

直営ホテルであり、さらに会員向けというクローズドマーケット対象だからこそ、思い切った低価格でかつ魅力的なプランのご提供が可能になるのです!

ページの先頭へ