トップ > 私たちの理念 > これからの福利厚生施策に求められるもの

これからの福利厚生施策に求められるもの

時代とともに変化してきた福利厚生。それぞれの企業に最適な福利厚生施策の構築が求められてきています。

企業が法定外福利を充実させる本来の目的は以下の3つです。

しかしながら時代とともにその重点内容は変わってきています。以前は社宅提供など「雇用確保施策」が重点であったのに対し、近年は個人ごとのニーズへの対応が中心で、サービスメニューの多様化、外注化を中心に組み立てられるようになってきています。しかし一方で福利厚生施策の行き過ぎた合理化、アウトソーサー任せといった反省の声も多くなっています。
これからは、それぞれの企業が自社従業員のニーズをしっかり見極め上で、自社に合った「健全な職場環境づくりを促す制度」や「従業員の健全なライフスタイルの育成」に重点が移ってくると考えられます。

過去重点施策
  • 雇用確保(社会資本不足を補うハード提供)
    例)・社宅の充実 ・社員食堂 ・自社保養所 
  • 職場コミュニケーションのアップ(同じ釜の飯施策)
    例)・社員旅行 ・運動会 ・サークル活動

近年重点施策
  • ソフト施策切り捨てによる経費削減
  • 社員ニーズへの対応主体(個人主義尊重)
    例)・カフェテリアプラン ・各種補助金制度 ・アウトソーシング

これから
  • 社員の健康、健全なライフスタイルの育成施策
  • 職場コミュニケーションや絆を重視した保養所やレクレーション
  • ワークライフバランス
  • それぞれの企業および社員ニーズに合った施策の実施

例えば「美味しくて健康な食事を提供する社員食堂」が話題になっていますが、「健康に留意する企業」というメッセージ力があり、一方で社員にも喜ばれる、これからの福利厚生施策の好事例と言えるでしょう。

ページの先頭へ