トップ > ご契約プラン > 他福利厚生商品との比較

他福利厚生商品との比較

企業の福利厚生施策として代表的なシステムである「会員制リゾートクラブ」「カフェテリアプラン」「宿泊助成金制度」とセラヴィリゾート泉郷のプランを比較してみました。

会員制リゾートクラブ

10~20箇所程度にリソートホテルを展開しており、導入すると全ての施設が利用できる。それぞれの会員制クラブごとにコンセプトが異なる為、検討時には自社のニーズにあったものを選択する必要がある。

メリット
1、複数のリゾート施設を利用でき、利用料金もリーズナブルで利用者メリットは高い。
2、直営施設の保有や、単独契約施設と何箇所も契約するよりコスト的には安く上がる。
デメリット
1、エリアはある程度カバーできるものの、リゾート施設だけでは、現在の幅広いニーズに応えられない。
2、会員制クラブによっては、人気のある日程が思うように利用が出来ない場合がある。
3、一般的には比較的「裕福な個人」向けに設計されたものが多く、特にファミリーユースを志向する社員は使いづらい場合もある。(高級志向、熟年世代志向)
総合評価
宿泊利用に限定して考えた場合一定のメリットはあるが、社員の多様なニーズをカバーするのは難しい。他の制度や複数クラブの併用導入をすることにより、よりその効果を発揮する。

カフェテリアプラン

利用対象施設やメニューは数千~数万という単位で用意されており、「法定外福利費を平等に分配する施策」として昨今導入されたケースが多い。

メリット
1、使える施設やメニューは無尽蔵にある。
2、導入から広報までシステム化されており、導入企業側の手間等はほとんどかからない。
デメリット
1、社員数を基準に契約金額が決まる為、規模の大きい企業の契約料金は高い。
2、メニューは多いものの、個々のメニューの割引率は少なく、利用する社員にとってのメリットは低い。これを補うために補助金を出す場合には、導入企業のコストはさらに高くなる。
3、総じて利用率は導入時のねらい程高くならない場合が多い。
総合評価
無数のメニューを利用しない社員が多いと、本来の目的の法定外福利費の平等に分配とならずに、結果として無駄な出費が大きくなる。
導入検討の前に、企業として法定外福利費を「平等に分配する」のか、あるいは「独自の福利厚生施策を重視する」のかの方向性を決めることが必要になる。
また膨大なメニューを使いこなして経費対効果(利用実績)が見合うものになるかどうかの見極めがポイント。

宿泊助成金制度

会社が指定する施設や・旅行代理店を通して宿泊利用した場合、あらかじめ設定した金額を補助する制度。

メリット
1、利用対象施設は無尽蔵に広げられる為、社員の旅行ニーズへの幅広い対応という意味ではメリットが高い。
2、いわゆるアウトソーシングの手数料的なものは発生しない為、実利用者数に応じた経費で収まる。
デメリット
1、利用者から見た場合、補助金の申請手続きが面倒。
2、繁忙期の利用料金は高く、補助を出していても利用者メリットは薄い。
3、利用補助金を高く設定し過ぎると課税対象となる。
総合評価
旅行ニーズに対応する制度としては一定の完成度があるが、契約メンテナンスや社内広報面が難しく、結果として制度の利用率は低い場合が多い。
逆に利用者数が多い場合は、「利用者数×補助金額」がそのまま会社経費となる為、契約金固定型のシステムと較べて経費対効果は低くなる。

ページの先頭へ